第3号被保険者

読み方: だいさんごうひほけんしゃ
分類: 仕組み

日本の公的年金制度において、日本国内に住んでいる20歳以上60歳未満の人は、全て国民年金に加入し、将来、基礎年金を受け取ることができます。また、国民年金では、加入者を三種類に分けており、その加入者のうち、厚生年金に加入している第2号被保険者(会社員や公務員など)に扶養されている20歳以上60歳未満の配偶者(年収が130万円未満の人)を「第3号被保険者」と言います。

現在、第3号被保険者の保険料は、厚生年金が一括して負担するため、個別に納める必要はありません(第3号被保険者に該当する場合は、事業主に届け出る必要がある)。その一方で、自営業者や農業者など第1号被保険者に扶養されている配偶者は「第1号被保険者」となり、同じ専業主婦であっても、自分で保険料を納めなければなりません。