ターム物RFR金利(スワップ)

読み方: たーむものあーるえふあーるきんりすわっぷ
分類: 金利

ターム物RFR金利(スワップ)は、QUICKが算出・公表主体に選定された、ターム物リスク・フリー・レートをいいます。これは、2021年末に廃止が見込まれているLIBOR(ロンドン銀行間取引金利)の代替指標として、2020年2月に日本円金利指標に関する検討委員会において選定されたもので、金融機関や機関投資家、事業法人など幅広い業種から多数の支持を集めました。

一般にターム物リスク・フリー・レートとは、1W、1M、3M、6M、12Mといったターム(期間)の銀行の信用リスク等を反映しないリスクフリーに近い金利のことを指し、またQUICKが算出・公表するターム物RFR金利(スワップ)は、日本円の翌日物金利スワップ(OIS)取引の市場データに基づいて算出する金利指標で、金利の適用開始時点において前もって適用金利が確定する前決め方式であるのが特徴となっています。

なお、本金利は、公表にあたって、市場参加者や金利指標ユーザーが事務体制等を整備するために用いる「参考値」の段階と、実際に取引に用いる「確定値」の段階の二段階に分かれており、2021年半ばに確定値の公表を目指しています。