メンバーズ・エクスチェンジ(MEMX)

英語名: Members Exchange(MEMX)
分類: 取引所(米国)

メンバーズ・エクスチェンジ(MEMX)は、2020年にアメリカ合衆国に発足した新興の証券取引所をいいます。これは、大手金融グループやネット証券、超高速取引業者(HFT)、運用会社など市場参加者が自ら取引所(市場)の運営に乗り出すことにより、既存の大手取引所の寡占に歯止めをかけ、取引コストの削減を狙いとしています。

昨今、コンピュータプログラムを駆使したアルゴリズム取引やデータの数量的分析によるクオンツ運用などの広がりで、売買気配値や流動性情報など市場データの重要性が一段と高まっている一方で、米国の株式取引は、NYSENASDAQCBOEの3グループへの寡占化により、データ利用料(情報提供料)など売買コストが高止まりしています(大手取引所にとって、情報提供料は市況に左右されにくい安定収入源)。

このような状況の中、MEMXは、注文形式の複雑さを取り除いたり、最新のテクノロジーを導入したりして、市場参加者が支払う売買手数料や接続料、情報提供料などのコストの引き下げを実現するとのことです。

・2019年1月7日:計画発表(2020年5月にSEC認可)
・2020年9月21日:売買開始

<MEMXの主な出資会社>

●大手金融グループ

・JPモルガン(米)
・バンク・オブ・アメリカ(米)
・シティ(米)
・ウェルズ・ファーゴ(米)
・モルガン・スタンレー(米)
・ゴールドマン・サックス(米)
・USB(スイス)

●ネット証券会社

・チャールズ・シュワブ(米)
・TDアメリトレード(米)
・Eトレード(米)

●大手HFT大手

・シタデル・セキュリティーズ(米)
・バーチュ・フィナンシャル(米)
・フロー・トレーダーズ(蘭)

●大手運用会社

・ブラックロック(米)
・フィディリティ(米)