マクロ系ファンド

読み方: まくろけいふぁんど
分類: マーケット|市場参加者

マクロ系ファンドは、「マクロファンド」とも呼ばれ、マーケット(市場)において、ファンダメンタルズ分析に基づいた、グローバルマクロ戦略を主としたファンドのことをいいます。これは、世界の経済動向等のマクロ経済的な予測に基づき、為替・株式・債券・商品など様々な運用対象について、グローバルな視点で機動的に投資を行って収益を狙うものです。具体的には、ファンダメンタルズ分析から算出した理論価格と実際の市場価格との差(歪み)に注目したり、各国の金利通貨政策の誤り(歪み)に注目したりすることによって、市場価格の割安・割高を判断し、裁定の機会を積極的に狙って収益を獲得します。

過去においては、著名投資家のジョージ・ソロス氏が率いた「クォンタム・ファンド」やジュリアン・ロバートソン氏が率いた「タイガー・ファンド」などが典型的なものとして歴史に名を残しています。また、リスク度合いは大きく違いますが、米国の年金ファンドなども、このタイプに挙げられることがあります。