モデル系ファンド

読み方: もでるけいふぁんど
分類: マーケット|市場参加者

モデル系ファンドは、マーケット(市場)において、テクニカル分析を主体とした運用手法に特化したファンドのことをいいます。これは、コンピュータモデルやテクニカル分析を駆使し、市場で頻繁に売買を繰り返すことにより収益獲得(短期差益)を狙うもので、その最大の特徴として、高度な統計分析や計量分析によってトレンド形成を判断し、通常、順張り的に相場の流れにうまく乗り、システマティックに売買を行う点が挙げられます。

一般にゼロサムゲームと言われる外国為替市場は、株式市場や債券市場などに比べて、市場の厚みが格段にあり、また相場に一度トレンドが生まれるとしばらく継続するという傾向が強いため、モデル系ファンドが活躍しやすい環境にあると言われます。