ゼロサムゲーム

英語名: Zero-sum game
分類: 運用理論

ゼロサムゲームは、「零和ゲーム(ゼロ和ゲーム)」とも呼ばれ、参加者全員の得点と失点の総和(サム:SUM)が常に0(ゼロ)である得点方式のゲームをいいます。これは、ゲーム理論の概念の一つで、参加者それぞれの選択する行動が何であれ、一方が利益を得れば、その分だけ他方が損失を出す構造(誰かが勝てば、誰かが負ける方式)となっており、例えば、対戦者同士が一定の得点を争うようなゲームが代表的なものとして挙げられます。また、ゼロサムゲームに対して、参加者全員の得点と失点の総和がゼロにならないゲームを「非ゼロサムゲーム」と言います。

一般に投資の世界では、外国為替取引は相対的な取引であり、通貨ペアの一方の為替レートが上がれば、他方は必ず下がることになるため、ゼロサムゲームとなっています。また、株式取引は、株価の上昇に伴い新たな価値が創造される一方で、株価の下落に伴い価値が減少するため、非ゼロサムゲームとなっています。

※ゲーム理論:経済や経営、社会などにおいて、複数の主体が相互依存関係のもとで、いかなる行動を取るべきかを考察する数理的理論。