日中コール

読み方: にっちゅうこーる
分類: マーケット|金融市場

日中コールは、2001年に日銀当座預金決済などのRTGS化に伴って、日中の流動性資金の確保を図るために創設されたコール取引をいいます。これは、日中の一定時間において、出金と入金の時間差、また手形決済・外為円決済・全銀決済等の民間集中決済資金の一時的不足を埋め合わせるために行われる「コール資金の貸借取引」であり、原則として無担保取引となります。(取引の種類には、ディーリング方式とブローキング方式がある)

一般に日中コールは、取引の流れは無担保コールと同様で、また資金への返済日銀ネットの当座預金振替で授受し、当日営業時間内の返済時間までに完了します。(取引時間は、当事者間で任意に決められる)