セカンダリーマーケット

英語名: Secondary market
分類: マーケット|証券市場

セカンダリーマーケットは、「流通市場(二次市場)」とも呼ばれ、既に発行されている株式債券などの有価証券を取引するマーケットをいいます。これは、投資家と投資家との間でその時々の価格(=時価)で有価証券が売買される場で、取引所取引店頭取引の二つがあり、投資家にとっては、資産運用を行う上で非常に重要な場となっています。例えば、株式については、証券取引所PTS(私設取引システム)などに注文が集められ、スムーズに売買が行われています。また、債券(既発債)については、銘柄数が数万以上あり、一部の取引所取引の銘柄を除けば、ほとんどが店頭取引(相対取引)で売買が行われています。なお、今日においては、インターネットや情報技術(IT)の進展により、取引の利便性が一昔前と比べて格段に向上しています。

一般にセカンダリーマーケットは、既発行の株式や債券などの有価証券が、投資家の間で転々流通するマーケットであるのに対して、新たに発行される株式や債券などの有価証券を投資家が購入するマーケットを「プライマリーマーケット(発行市場)」と言います。通常、証券市場は、この二つのマーケットがうまく機能することで成立し、また値段(価格)が正常に形成され、取引を円滑に行うことができます。具体的には、セカンダリーマーケットで形成された有価証券の価格は、その証券に対する投資家の需給動向を端的に示すため、プライマリーマーケットで新規に発行する場合、セカンダリーマーケットの価格を基準として発行されることになります。