新興国市場

読み方: しんこうこくしじょう
英語名: Emerging markets
分類: マーケット|市場

新興国市場は、「エマージング市場」とも呼ばれ、経済が発展途上にある国や地域のマーケットのことをいいます。これは、中国やインド、ロシア、東南アジア、中東、中南米、東欧などの高い潜在成長力が見込まれる新興諸国が対象とされます。また、エマージング(emerging)とは、直訳すると「発展段階の、新出現の」という意味があります。

一般に新興国市場への投資では、経済が急成長・急拡大することにより高いリターンが期待できる半面、経済や市場の仕組みが未成熟であるため、突然の政権交代や政策変更、急激なインフレ、通貨価値の暴落などのリスク(不安定要素)があり、先進国市場と比較して、リスクが相対的に高いのが大きな特徴となっています。

なお、新興国市場の中で、特に高い成長が見込める国をグループ化したBRICs(ブラジル、ロシア、インド、中国)や、NEXT11(メキシコ、ナイジェリア、韓国、ベトナム、インドネシア、バングラディッシュ、パキスタン、フィリピン、トルコ、イラン、エジプト)などの造語もあり、これらの地域を投資対象とした投資信託(ファンド)も設定されています。