カーブアウト

英語名: Carve out
分類: 企業再編

カーブアウト(Carve out)は、ある対象からその一部を切り出すことをいいます。これは、大企業や中堅企業においては、自社の事業の一部を切り離して、新会社(ベンチャー企業)として独立させることを指します。また、運用会社においては、複数の資産から構成されるポートフォリオから特定の資産を切り出し、顧客に当該資産のパフォーマンスとして提示することを指します。

一般に事業切り出しとしての「カーブアウト」は、有望であると思われる非中核事業(埋もれた技術や人材など)を戦略的に分離し、親会社からの出資の他に、外部資本や経営資源を積極的に注入することで、機動的に新規事業の育成を図ることができます。また、その他に、コングロマリット・ディスカウントの状態を解消するために、ノンコア事業を本体から分離し、事業ポートフォリオの再構築を図る場合にも活用されます。