残余財産分配請求権

読み方: ざんよざいさんぶんぱいせいきゅうけん
分類: 会社・経営|株主

残余財産分配請求権は、株主の権利(自益権)の一つで、企業が解散する際に負債返済し、なお財産が余る場合に、その持株数に応じて残った財産の分配(清算分配金)を受けることができる権利をいいます。また、自益権とは、一株でも持っていれば行使できる単独株主権で、株主の権利として、権利行使の結果が当該株主個人の利益だけに関係するものであり、残余財産分配請求権以外にも、利益配当請求権、剰余金配当請求権、新株引受権、株式買取請求権などがあります。

現在、日本においても、企業買収が増える中、企業が解散する際の価値(解散価値)は重要な投資視点となっており、解散価値を下回る時価総額の上場企業はターゲットになりやすいです。また、企業の解散価値を一株当たりで表示する指標が「一株当たり純資産(BPS)」です。なお、解散した企業の負債に対する株主の責任は有限責任であるため、その責任は投資金額の範囲内に限られ、債権者から追加出資を請求されることはありません。