日本版ESOP

読み方: にほんばんいそっぷ
分類: 会社・経営|制度

日本版ESOPは、米国等で普及する自社株を使った報酬制度であるESOP(Employee Stock Ownership Plan)の日本版をいいます。これは、法制が未整備のため、米国とは全く同じ制度ではなく、日本独自の形態となっており、具体的には、企業が株式の受け皿となる信託を設定し、信託が借入金などで株式市場や保有企業から機動的に株式をまとめて買い付け、従業員に付与する仕組みとなっています。

一般に日本版ESOPの仕組みは、企業の資本政策にとってもメリットがあり、保有する自社株(金庫株)を活用できたり、持ち合い解消の受け皿として活用できたり、さらに従業員を安定株主として確保することもできます(株価が安い局面での買い付けは、従業員にメリット)。現在、その種類には「持株会型」や「株式付与型」などがありますが、日本での主流は「持株会型」となっています。

●持株会型

従業員の拠出を受けた持株会が信託から定期的に株式を購入する仕組み。信託の当初の購入価格より株価が上がれば従業員の利益となり、逆に株価が下がっても企業が補填する。

●株式付与型

持株会を使わず、退職時などに従業員が株式を無償で受け取る仕組み。