ESOP(イソップ)

読み方: いそっぷ
英語名: Employee Stock Ownership Plan
分類: 会社・経営|制度

ESOP(イソップ)は、"Employee Stock Ownership Plan"の略で、米国等で普及する自社株を使った報酬制度をいいます。これは、企業が従業員の報酬制度として導入する企業拠出(損金扱い)による従業員への税制優遇自社株配分制度で、また退職まで引出不可の確定拠出型退職給付制度となっています。

現在、日本では法制が未整備のため、全く同じ制度は導入できませんが、米国の制度を参考にした「日本版ESOP」は上場企業の間で注目されています。これは、退職給付制度というよりも従業員持株会の目的や機能を拡充したもので、従来の従業員持株会が事前計画に従って株式市場で定期的に自社株を取得しなければならないのに対して、日本版ESOPは保有企業や市場から機動的に買い付けられるといった利点があります。具体的には、自社株が大量に市場で売却される際に、日本版ESOPが受け皿となって株価下落を防ぐことができ、かつ従業員を安定株主として確保できます。

ちなみに、日本版ESOPのタイプの一つに「株式給付型」があり、これは企業が自社への貢献度に応じて従業員にポイントを付与し、退職時に蓄積ポイントを現金に換算した額に相当する自社株を割り当てるといった仕組みになっています。