株式給付信託

読み方: かぶしききゅうふしんたく
分類: 信託スキーム

株式給付信託は、「日本版ESOP」とも呼ばれ、業績連動型の株式報酬制度の一種で、企業が自社株を従業員や役員に付与する仕組みをいいます。これは、従業員と役員では制度は別ですが、どちらも信託にて自己株式を確保し、会社の業績進展に功績のあった者に対して、退職時または在職期間中に当該株式を給付するというものです。具体的には、職位や成果などに応じてポイントを付与し、それに応じた資金を拠出して信託を設定し、また受託者(信託銀行等)は企業との契約に基づき、必要な株式を株式市場などで取得します。

一般に株式給付信託は、自社株を利用したインセンティブ・スキームであり、本信託の対象者の処遇と会社の株価や業績との連動性が高まり、対象者が経済的メリットを株主と共有することになるため、自社の株価上昇や業績向上へのモチベーション(意欲や士気)が高まることが期待できます。また、自己株式の有効活用や株式持合解消時の受け皿としても活用できます。なお、本制度の導入にあたっては、企業において、株式給付規程を整備し、信託銀行等と信託契約を結ぶことが必要となります。