滅失

読み方: めっしつ
分類: 担保・保証

滅失は、一般的には、ほろんでなくなることや、何らかの外的な力(災害や人の行為など)により物がその物としての物理的存在を失うことをいいます。これは、金銭消費貸借契約においては、ローンの担保の目的物として預かっている不動産や動産などの全部破損(担保の目的物がなくなること)を指します。

なお、担保の目的物が滅失した場合、担保価値がなくなるため、通常、債務者は債権者から追加担保の差し入れを求められます。

<本用語の使用例>

・災害や事故などによる破損や滅失などの危険は、損害保険で対応できる
・災害関連支出は、災害により滅失した住宅・家財などを除去するための費用である
・システムの脆弱性を突かれた場合、データの漏洩や改竄、滅失などにつながる恐れがある

楽天市場は、ネットショッピングの定番。楽天カードは、年会費が永年無料で、カード会員には楽天市場や街中の加盟店でポイントが貯まり、お得な特典も数多く用意されています。