自己資金割合

読み方: じこしきんわりあい
分類: 借入審査

自己資金割合は、ローンを組む際に借入者自身が準備する自己資金の割合のことをいいます。これは、住宅ローン自動車ローンなどで主に使われる概念で、ローンを借りる際の資金計画の大きなポイントになります。

一般に住宅ローンでは、取得物件の80%まで融資可能としているところが多いことから、住宅資金計画においては、自己資金割合(頭金割合)は20%以上が望ましいとされています(頭金0円の住宅ローン商品もあり)。なお、20%以上というのは一つの考え方ですが、長期的な返済を現実的に考えた場合、家計に無理をさせないことが一番重要であり、実際の自己資金割合は高めにした方が無難と言えます。

楽天市場は、ネットショッピングの定番。楽天カードは、年会費が永年無料で、カード会員には楽天市場や街中の加盟店でポイントが貯まり、お得な特典も数多く用意されています。