消費者信用団体生命保険

読み方: しょうひしゃしんようだんたいせいめいほけん
分類: 消費者金融

消費者信用団体生命保険は、「消費者団信」や「リボ団信保険」とも呼ばれ、ローンカードなどの本契約者である利用者が死亡や重度障害などで返済不能になった場合、金融機関等に保険金が下り、本契約者の残債務に充てられる仕組みの保険をいいます。

目次:コンテンツ構成

消費者信用団体生命保険の加入

消費者信用団体生命保険は、一定の利用限度額の範囲内で繰り返し借り入れが可能な「信用供与契約」の申込時に加入することができ、借入先の金融機関等によって、付いている場合と付いていない場合があります。また、加入にあたっては、信用供与契約の申込時に保険加入に同意し、その際に健康状態に関する告知が必要です。

消費者信用団体生命保険の仕組み

消費者信用団体生命保険の概要

消費者信用団体生命保険は、一定の利用限度額の範囲で繰り返し借り入れが可能な「信用供与契約」を対象としており、当該信用供与契約の契約期間満了または解約まで被保険者の資格があります。また、ローン利用者に万一のことがあった場合の債務残高相当額が保険金額となり、保険金額には利息を含む場合と含まない場合とがあります。

なお、保険金額には上限があり、上限を超える債務については、保険金での弁済は行われないのでご注意ください(上限額は、借入先の金融機関等によって異なる)。