全額繰上返済

読み方: ぜんがくくりあげへんさい
分類: 返済

全額繰上返済は、「全部繰上返済」とも呼ばれ、最終返済日の前に、ローンの借入残高を一括で全額返済することをいいます。これは、本来負担するはずだった支払利息を一気に軽減できるため、全額返済した残高が大きいほど「利息軽減効果」は高くなります。

一般に繰上返済をするにあたっては、余剰資金で行うのが原則であり、後で家計面で大きな影響が出ないようにすることが大切です。また、繰上返済の手続きや手数料などは金融機関によって異なるので、予め確認するようにしましょう。

なお、住宅ローンを全額繰上返済をすると「完済」となり、担保設定していた土地・建物の抵当権は終了となりますが、その抹消手続き(抹消登記)については、借入者の方で行う必要があります。