テイク・プロフィット

英語: Take Profit
分類: 運用損益

テイク・プロフィットは、「プロフィット・テイク」とも呼ばれ、資産運用(投資)において、利食いにより利益を確定させる取引(反対売買)をいいます。

具体的には、株式取引(現物取引、信用取引)や株価指数先物・オプション取引、商品先物取引、外国為替証拠金取引、CFD取引などにおいて、安く買って高く売る、または、高く売って安く買い戻すことにより、評価益実現益にすることを指します。

一般にポジションロング(買い持ち)の場合は天井付近で売って、またショート(売り持ち)の場合は大底付近で買い戻すことが理想ですが、現実には、そのようなことはまず不可能です(欲張り過ぎると機会を逸して、逆に損が出ることも多い)。

そのため、市場トレンドやチャートなどを見ながら、適宜、テイク・プロフィットを行って利益を着実に積み重ねていった方が賢明と言えます。