アンダーパフォーム

英語名: Underperform
分類: 運用管理

アンダーパフォーム(Underperform)は、本来(英語)では、期待ほどうまくやらないことを意味します。これは、金融業界においては、「アンダーパフォーマンス(Underperformance)」とも呼ばれ、投資成果を表す言葉として使われ、通常、個別銘柄やファンド、ポートフォリオなどのパフォーマンス(運用成績)がベンチマーク(指標)を下回ることをいいます。

アンダーパフォームの概念

投資成果のマイナス評価を考える場合、「ある期間に何%下落したか(下落しそうか)」など一定期間に投資対象がどれくらいの損失を投資家にもたらしたか(もたらしそうか)という絶対的な評価と、「平均的な収益を何%下回ったか(下回りそうか)」という相対的な評価の2つがあります。

一般にアンダーパフォームは、投資成果において、後者の相対的なマイナス評価の際に使い、例えば、あるファンドや個別銘柄(株式)などの平均的な収益が日経平均株価やTOPIXなどのベンチマークを下回る(下回りそうな)ことをいいます。

アンダーパフォームの表示

アンダーパフォームは、投資成果(運用成績が指標を下回ること)の他に、証券会社等のアナリストが個別企業の業績や事業計画などを調査した上で、個別企業に対して下した投資判断を示す場合にも使われます。

具体的には、証券会社等が発表する銘柄に対しての格付けである「レーティング」において、その銘柄の株価上昇率が日経平均株価やTOPIXなどのベンチマークに対して上回るのか、あるいは下回るのかといった判断を、上回る(買い推奨)の場合には「アウトパフォーム」、下回る(売り推奨)の場合には「アンダーパフォーム」、中立の場合には「ニュートラル」としています。なお、このレーティングの表記の仕方は、証券会社等によって異なります。