逆指値注文

読み方: ぎゃくさしねちゅうもん
英語: Stop order
分類: 注文方法

逆指値注文は、「ストップ注文」とも呼ばれ、現在提示されている実勢価格(レート)ではなく、"ある価格以下になったら売る"、または"ある価格以上になったら買う"といった売買注文を出すことをいいます。

通常、マーケット取引において、新規注文決済注文の際に、ストップロス(損切り注文)、プロフィットテイク(利食い注文)、レンジブレイク(レンジ相場後の注文)の3つの用途で活用することが多いです。

なお、逆指値注文とは反対(逆)に、現在提示されている実勢価格(レート)より、安い価格で買う、または高い価格で売るといった売買注文を出すことを「指値注文」と言います。

損切り注文:損失の限定

損切り注文は、取引で大きな損失を負わないためにリスク管理として活用します。

例えば、ドルロング(ドル買い/円売り)で、買い値が1ドル=120.000円、現在値が1ドル=119.500円の時、損切りレートを1ドル=118.500円と設定する場合に逆指値注文を活用します。

利食い注文:利益の限定

利食い注文は、相場が予想通りに動かなくても、着実に利益を確定したい場合に活用します。

例えば、ドルロング(ドル買い/円売り)で、買い値が1ドル=120.000円、現在値が1ドル=122.500円の時、もうしばらく円安が進むのではないかと様子を見つつ、万一、円高に振れても1ドル=122.000円で利益を確定したい場合に逆指値注文を活用します。

レンジ相場後の注文:新たなトレンドに乗る

レンジ相場を抜けると、抜けた方向にレートが一気に進み、新たなトレンドを形成することがあります。

例えば、現在値が1ドル=121.000円、直近のレンジが1ドル=120.000~122.500円の時、レンジ相場後の注文として、1ドル=123.000円で新たな円安の勢いに乗りたい場合に逆指値注文を活用します。