自動振替貸付制度

読み方: じどうふりかえかしつけせいど
分類: 保険|制度

自動振替貸付制度は、解約払戻金がある保険契約について、払込猶予期間が過ぎても払い込みがない場合に、保険会社が自動的に保険料貸付という形で立て替える制度のことをいいます。

通常、保険料の払込日に払い込みがなかった場合、保険会社は、一定の払込猶予期間の間、保険期間を継続したまま保険料の払い込みを待ってくれます。また、これを過ぎても保険料の払い込みがなかった場合、解約返戻金の額が保険料(+貸付利息)より多いという条件で、その範囲内で自動的に保険料を立て替え、保険契約が失効してしまうのを防ぐことができます。

一般に自動振替貸付制度は、保険契約者が一時的に保険料の支払いが困難になった場合などに活用されますが、保険料の支払いが長期に渡って厳しくなる場合は、いつまでも本制度を利用するのは妥当とは言えず、保険契約自体を見直した方がよいです。なお、本制度は、保険会社が保険料を立て替える形での貸付のため、利息は当然付くことになり、また返済については、いつでも可能となっています。

カテゴリー|ワード索引

インフォメーション

自動車保険の一括見積もりサイトは数多くありますが、その中でどれがよいかよく分からないという方も多いのでは? そんな方には、東証一部上場のSBIホールディングスが運営するインズウェブが便利。日本最大の20社に見積りが可能!