全期前納

読み方: ぜんきぜんのう
分類: 保険|保険料

全期前納は、保険においては、保険料払込の全期間分を前納払い(前納)することをいいます。これは、将来払い込むべき保険料の全額をまとめて保険会社に預け、支払期日が来たら、その年分の保険料を保険会社が預り金から出して充当する方式となっています。

一般に保険料を一度に支払う方法として、「全期前納」と「一時払い」の2つがありますが、その仕組みは大きく異なります。具体的には、全期前納が全期間分の保険料を保険会社に預ける形で支払うのに対して、一時払いは全保険期間の保険料を初回支払時に一括で支払うもので、両方とも保険料の割引はありますが、割引率は一時払いの方が大きいです。

通常、保険金等が支払われる保険事故が発生した場合、全期前納だと未経過分の保険料は返還されるのに対して、一時払いだと保険料の返還はありません。また、税制上においては、全期前納だと生命保険料控除が期間中毎年利用できるのに対して、一時払いだと実際に支払った年しか利用できません。

カテゴリー|ワード索引

インフォメーション

自動車保険の一括見積もりサイトは数多くありますが、その中でどれがよいかよく分からないという方も多いのでは? そんな方には、東証一部上場のSBIホールディングスが運営するインズウェブが便利。日本最大の20社に見積りが可能!