過失相殺

読み方: かしつそうさい
分類: 保険|法律

過失相殺は、債務不履行または不法行為に基づく損害賠償を請求する際に、請求者(債権者・被害者)の側にも過失があった時に、裁判所がその過失を考慮して賠償額を減額することをいいます。これは、損害保険においては、損害賠償額を算出する際に、被害者にも過失があれば、その過失部分を加害者の負担すべき損害賠償額から差し引くことをいいます。具体的には、事故等による損害の発生や拡大について、被害者側にも過失がある場合に、当事者間(加害者と被害者の間)における損害額の公平負担の観点から損害賠償額を決定する際に、被害者側の過失の程度に応じ、過失割合相当額が損害額から控除されるというものです。現在、日本の民法では、過失相殺における「過失」の認定について、被害者の責任能力の存在は前提とされず、事理を弁識するに足りる知能が備わっていれば足りるとされ、また公平の観点から過失相殺の規定が類推適用される場合は、そもそも客観的な意味での過失すら被害者には受け入れにくいこともあります。

一般に過失相殺は、身近なところでは「自動車事故(交通事故)」において重要となる考え方であり、自動車保険を活用する際には保険会社とよく相談することが必要です。また、万が一、裁判になった場合、過失相殺の認定は、裁判官が自由な心証を形成することにより行われますが、日常的な交通事故においては、個別の事例に応じて詳細な過失相殺率(過失割合)が定められており、これに則って運用がなされています。

カテゴリー|ワード索引

インフォメーション

自動車保険の一括見積もりサイトは数多くありますが、その中でどれがよいかよく分からないという方も多いのでは? そんな方には、東証一部上場のSBIホールディングスが運営するインズウェブが便利。日本最大の20社に見積りが可能!