過失割合/責任割合

読み方: かしつわりあい
分類: 損害保険(仕組み)

過失割合は、主に自動車保険で使われる用語で、「責任割合」とも呼ばれ、自動車同士の衝突など相手がある事故の場合における「本人の責任割合(責任分担)」をいいます。これは、日本においては、道路交通法や運転慣行、また過去の判例(事例)などを元に算出されます。

一般に交通事故では、当事者間(加害者と被害者の間)での損害の公平な分担を図るため、損害額から責任割合相当分を差し引いて賠償することになり、これを「過失相殺」と言います。例えば、Aさんが事故に遭って、Aさんの過失が3、相手方のBさんの過失が7だったとします。この事故で、Aさんのクルマの修理代が100万円だった場合、Bさんの過失である7割にあたる70万円が相手方のBさんから支払われる一方で、相手方のBさんのクルマの修理代が50万円だった場合、Aさんは過失の3割にあたる15万円を支払わなければなりません。