J-Stock Index

読み方: じぇいすとっくいんでっくす
分類: 株価指数(日本)/東証

J-Stock Indexは、2002年4月から2022年4月まで算出・公表されていた、JASDAQ市場に上場する内国普通株式の内、時価総額と売買代金を勘案して選定した最大100銘柄を対象とした時価総額加重方式の株価指数をいいます(基準日は2002年2月28日、基準値は1000)。

当時、本指数は、新興成長銘柄群に対する人気の尺度として注目されると共に、これら銘柄を対象とするアクティブな運用ポートフォリオのベンチマークとしても期待されていました。また、JASDAQ市場の株価指数には、この他に、修正単純平均方式の「日経ジャスダック平均株価」や、時価総額加重平均方式の「JASDAQ INDEX」などもありました。

※2022年4月4日に東京証券取引所の市場区分見直しにより、プライム市場、スタンダード市場、グロース市場に再編されたことに伴い、JASDAQ市場は終了。

<J-Stock Indexの対象銘柄>

◎毎年11月(最終営業日)に対象銘柄の定期選定が実施され、その基準日より遡って直近1年間の売買代金の合計額の順位が、選定対象銘柄の中で上位200位以上、かつ基準日時点における時価総額または直近6カ月における時価総額の平均額が100億円以上の銘柄の中から、時価総額の大きい順に上位100銘柄を算出対象とした。

◎基準日において、上場後1年未満の銘柄については、基準日より遡って上場日までの売買代金の合計額とし、基準日時点における時価総額は200億円以上とした。