米国証券取引委員会(SEC)

読み方: べいこくしょうけんとりひきいいんかい(せっく)
英語名: U.S. Securities and Exchange Commission
分類: 米国

SECは、"U.S. Securities and Exchange Commission"の略で、日本語で「米証券取引委員会」とも呼ばれ、アメリカ合衆国における株式や公社債等の証券取引を監督・監視する連邦政府の機関をいいます。これは、1934年に証券取引所法に基づいて設置され、投資家保護および公正な証券取引を目的とし、米国の証券市場における発行・流通の両面を規制する広範な権限を有しており、またインサイダー取引・相場操縦等の不公正取引や企業の違法行為などに対する捜査や処分権限も有しており、司法に準じる権限を持った「独立した強力な機関」となっています。(例えば、過去には、エンロンやワールドコムなどの粉飾決算を暴いている)

現在、SECは、大統領が上院の勧告と承認を得て任命する5人の委員で構成され、任期は5年間で毎年6月に1人ずつ改選されます(独立性を確保するため、同じ政党から選出できる委員は3人まで)。また、そのトップは「委員長(Chairman)」で、初代はジョン・F・ケネディ元大統領の父親のジョセフ・P・ケネディでした。