ベージュブック/地区連銀経済報告

英語名: Summary of Commentary on Current Economic Conditions by Federal Reserve District (Beige Book)
分類: 世界経済|米国

ベージュブック(Beige Book)は、「地区連銀経済報告」とも呼ばれ、アメリカ合衆国(米国)の12地区の連邦準備銀行(地区連銀)がまとめた、地域の経済状況を報告する文章のことをいいます。これは、FOMC(連邦公開市場委員会)が開催される2週間前の水曜日にFRB(連邦準備理事会)により公表され(年8回)、報告書がベージュ色のため、「ベージュブック」と呼ばれます。また、12の地区連銀とは、アトランタ、ボストン、シカゴ、ミネアポリス、ニューヨーク、フィラデルフィア、セントルイス、クリーブランド、ダラス、カンザスシティー、リッチモンド、サンフランシスコの各地区の連銀をいいます。

一般にベージュブックは、FOMCの討議資料となり、前回のFOMC以降の全米の経済情勢について総合判断するほか、消費支出、製造、金融サービス、非金融サービス、不動産、雇用などの各項目の状況についても説明されており、また今後の金融政策を変更するか否かの一つの判断材料にもなります。

<Summaryの説明項目>

・Consumer Spending and Tourism
・Nonfinancial Services
・Manufacturing
・Real Estate and Construction
・Banking and Finance
・Agriculture and Natural Resources
・Employment, Wages, and Prices