通貨スワップ協定/通貨交換協定

読み方: つうかすわっぷきょうてい
分類: 世界経済|地域金融協力

通貨スワップ協定は、「通貨交換協定」とも呼ばれ、国や地域が互いに外貨準備を活用して、主に米ドルなどの外貨を融通し合う取り決めをいいます。これは、金融危機や通貨危機などに備え、各国政府や中央銀行が市場(マーケット)の安定に必要な資金を融通し合う仕組みで、予め決められた限度枠の範囲内で、相手国の要請に応じて通貨を交換するものです。例えば、ある国(地域)の通貨の為替レート急落し、貿易決済や為替介入のために必要な外貨が不足した場合などに、その国の通貨と引き換えに、他の国が外貨を一時的に貸し出すことで通貨や経済の安定を図り、深刻な事態(危機)に陥るのを防ぎます。

1997年-1998年のアジア通貨危機の反省から、東アジア地域では、ASEAN(東南アジア諸国連合)+日中韓で、2000年に外貨を融通し合う「チェンマイ・イニシアティブ」の構築に合意しました。これは、二国間協定のネットワークからスタートし、2010年には多国間協定に束ねるマルチ化契約へと進展しました。また、2008年のリーマンショックなどによる世界的な金融危機の際には、日本銀行FRB(連邦準備制度理事会)と協定を結び、マーケットに潤沢なドル資金を供給しました。