オフショアファンド

読み方: おふしょあふぁんど
分類: 投信区分

オフショアファンドは、税制や運用規制の緩やかな地域で設定されるファンドの総称をいいます。これは、ケイマンやバミューダなどのタックスヘイブン(租税回避地)に設立されることが多く、ハイリスク・ハイリターンのものからローリスク・ローリターンのものまで、多様な商品が存在します。また、その種類については、大きく分けて、ミューチュアルファンド(日本の投資信託と似た仕組みを持ったファンド)と、オルタナティブファンド(ヘッジファンド商品ファンドREITなど)の二つがあります。

一般にオフショアファンドは、海外で税率が低いか無税であったり、また規制が緩かったりするため、比較的リスクの低い商品でも高利回りが期待できると言われています。その一方で、金融当局の監督や万が一の時の保護が十分でないこともあり、投資する際には十分な注意が必要です。