CTA運用投信

読み方: しーてぃーえーうんようとうしん
分類: 投信タイプ

CTA運用投信は、ファンド・オブ・ファンズ方式で、CTAが運用するファンドに投資する投資信託をいいます。また、CTAとは、"Commodity Trading Advisor"の略で、商品や短期金融商品、債券、為替、株価指数などの先物相場(デリバティブ)を投資対象とし、高度なリスク管理を行って、リスクを抑えつつ高いリターンを追求する先物運用の専門業者をいいます。

一般にCTA運用投信では、定量モデルを用いて、精度の高いコンピュータプログラムを開発し、アルゴリズム取引により「相場が上昇しても下落しても利益を狙える」ことが最大の特徴となっています。2008年-2009年の世界的な金融危機においては、相場急落局面で商品先物や株価指数先物の下落を予想できたCTAの運用成績が良かったことから、個人投資家の間でもCTAへの注目度が高まり、以降、CTAを対象としたファンドが注目されるようになりました。

<CTA運用投信の主なポイント>

・投資対象は、商品・債券・為替・株価指数等の先物相場
・絶対収益を追求することにより、信託財産の中長期的な成長を目指す
・アルゴリズム取引がうまくいかないと、ファンドの基準価額が大きく下落することもある(CTAの運用力に依存)
・資産運用の主力ではなく、リスク分散手段と位置付けた方がよい