クオンツ運用

読み方: くおんつうんよう
分類: 運用手法

クオンツ運用は、高度な数学的テクニックを駆使し、マーケット(株式、債券、為替、金利、コモディティ)や経済情勢などのデータをコンピュータで分析して作られた「数理モデル」に従って運用する投資スタイルのことをいいます。これは、数量的な分析に基づく運用であり、通常、コンピュータで大量のデータを処理し、予め決められたプログラムに基づいて、ポートフォリオを動かすような運用を指します。

一般にクオンツ運用は、俗に「システム運用」とも呼ばれ、運用に携わる人間の相場感を一切排除し、機械的なシステムによって運用が自動的に行われるのが大きな特色となっています。また、運用面の弱点としてよく指摘されるのは、過去のデータに基づくので市場環境の変化(想定外の事態等)に弱い、運用ルールが硬直的である、競合他者に真似されやすい、といったことが挙げられます。

ちなみに、その名称は、「Quantitative(数量的、定量的)」という言葉(英語)から来ており、またQuants(クオンツ)とは、高度な数学的手法や数理モデルを使って、マーケットを分析したり、投資戦略や金融商品を考案・開発したりすること、もしくはその専門家のことをいいます。