解約請求

読み方: かいやくせいきゅう
分類: 仕組み

解約請求は、投資信託(ファンド)の換金方法の一つで、受益者が販売会社を通じて、委託会社(投信会社)に信託財産の解約を請求することをいいます。

◎解約請求の場合、ファンドの換金に際して、解約する受益証券と引き換えに、信託財産からその受益証券相当分が解約されるため、ファンドの純資産総額は減少する。

◎解約請求の際の換金価格は「解約価額」となり、通常は基準価額から信託財産留保額を差し引いたものとなる。

一般に投資信託の解約請求の税制は、利益は「上場株式等の譲渡益」、損失は「上場株式等の譲渡損」となり、その課税対象額は解約価額から取得価額を差し引いたもので、原則として、確定申告が必要な申告分離課税です。

なお、投資信託の換金方法には、「解約請求」の他に、「買取請求」もあります。