普通銀行(普銀)

読み方: ふつうぎんこう
分類: 金融機関

普通銀行は、「普銀」とも呼ばれ、銀行法に基づく銀行のことをいいます。これは、総務省の日本標準産業分類では、主として預金の受入れ、資金の貸付け、為替取引等の業務を行う事業所と説明されており、「信託銀行」と「その他の銀行」を除くとされています。具体的には、都市銀行地方銀行第二地方銀行、新たな形態の銀行(インターネット専業銀行、流通系銀行他)などが該当します。

なお、銀行とは、内閣総理大臣の免許を受けて銀行業を営む者を指し、銀行法では、「預金又は定期積金の受入れと資金の貸付け又は手形の割引とを併せ行うこと」「為替取引を行うこと」のいずれかの業務を行うところと定義されています。