全銀EDIシステム(ZEDI)

読み方: ぜんぎんいーでぃあいしすてむ
分類: システム

全銀EDIシステムは、「ZEDI(Zengin Electronic Data Interchange:ゼディ)」とも呼ばれ、総合振込において、支払通知番号や請求書番号など振込に関する様々な情報を受取先に送信することを可能にしたシステムをいいます。

全銀システムとは別に、全国銀行資金決済ネットワーク(全銀ネット)が新たに構築したプラットフォームで、総合振込のデータ形式が固定長形式からXML形式に変わりました(2018年12月25日に稼動開始)。

※固定長形式:電文の長さや情報量が予め定められた電文形式。
※XML形式:電文の長さ等を柔軟に設計・変更することが可能な電文形式。

ZEDIの取扱業務と効果

ZEDIの取扱業務(XML電文への移行対象)は、総合振込およびそれに係る振込入金通知、入出金取引明細の三つとなっています。

一般にZEDIでは、XML形式のEDI情報(支払先から受取先に伝達するメッセージ)欄において、請求書番号等の商取引に関する情報(商流情報)を添付することが可能になり、この仕組みによって受取先での売掛金の消込作業が効率化され、事務負担の大幅な軽減が期待されます。

※従来は固定長形式で20桁までという制限があった。

ZEDIを活用するための対応

ZEDIを利用して「金融EDI情報」を活用するには、以下のような対応が必要になります。

◎XML電文を作成・取込するための会計システム等のソフトウェアのバージョンアップや入替え。

◎一括ファイル伝送によるファームバンキングを利用する場合は、通信ソフトウェアの設定変更や入替え、電子証明書(クライアント証明書)の取得。