アット・ザ・マネー

英語: At the money
分類: オプション

アット・ザ・マネー(At the money)は、「ATM」とも呼ばれ、オプション取引において、原資産価格権利行使価格が等しい状態をいいます。

原資産価格(市場価格)と権利行使価格(行使価格)との関係において、オプションの買方が権利行使をした場合に「損益が発生しない状態」であり、具体的には、コール・オプションプット・オプションとも、行使価格が市場価格と等しい場合を指します。

・コールオプションの場合:市場価格=行使価格
・プットオプションの場合:市場価格=行使価格

アット・ザ・マネーの本質的価値

本質的価値とは、コール・オプションまたはプット・オプションの「権利行使価格」と「原資産価格」の差額分で、オプションの現時点での価値であり、その権利を行使することによって、オプションから、どのくらいの利益が発生するのかを表しています。

一般にアット・ザ・マネーでは、本質的価値がゼロ(0)で、時間的価値が最も高い状態となっています。

アット・ザ・マネーの例

例えば、米ドル/円の通貨オプションにおいて、権利行使価格100円の米ドルコール・オプションを持っていたとします。

この場合、原資産価格(市場価格)が100円の時にオプションの権利行使をすると、市場でも100円で買えるところを同じく100円で買うことになるため、オプション料(プレミアム)の分だけ損となり、このような状況(アット・ザ・マネー)では権利行使をすることはありません。