ミセス・ワタナベ

英語名: Mrs.Watanabe
分類: 外国為替市場

ミセス・ワタナベは、外国為替市場で主に使われる用語で、日本個人投資家(特に主婦の投資家など)のことをいいます。これは、日本の個人投資家の中で、資産運用に対する専門知識やノウハウなどを特に持たない主婦層に代表される「素人投資家」のことを指し、2000年代半ばの外国為替証拠金取引(FX)円安でブームだった頃に、その存在感がマーケットでも注目され、本呼称が使われるようになりました(家庭の主婦までもが、外国為替取引をしていたことに驚いた海外メディアが使用)。

一般にミセス・ワタナベ(日本の素人投資家)は、2005年から2007年夏頃までの円安局面において、FXでレバレッジをかけ、金利差を狙った外貨買い・円売りの取引(円キャリー取引)を行い、マーケットに大きな影響力を及ぼしたことから世界的に知られるようになりました。また、運用面では、外貨買いのロングが中心であったため、円安局面では収益を上げられましたが、2007年夏以降のサブプライム問題で円高局面に転換すると一気に厳しくなりました。なお、投機筋がミセス・ワタナベとは逆の売買をすることを「ミセス・ワタナベ狩り」と言い、これまで円高局面で度々狙われ、多くの個人投資家が損を被りました。(今日でも、米ドル/円や豪ドル/円、NZドル/円などを対象としたロング中心なのは変わらず)

ちなみに、ミセス・ワタナベ自体は、1990年代の英紙などで既に使われており、特にFXに限って使われるものではないそうです。また、用語のイメージとしては、英国のシティー(金融市場)で、小口の個人投資家を「アガサおばさん(Aunt Agathas)」と呼ぶことに対する日本版的な色合いとのことです。