シティ・オブ・ロンドン

英語: City of London
分類: 英国

シティ・オブ・ロンドン(City of London)は、単に「シティ」とも呼ばれ、イギリス(英国)のイングランドのロンドン中心部にある地域をいいます。

現代のメトロポリス(大都市)であるロンドンの起源となった地域で、その区画の範囲は中世以降ほとんど変わっておらず、その広さは約1マイル四方となっています。また、この地域には、ロンドン大火記念塔やセントポール大聖堂などの歴史的な建造物だけでなく、数多くの超高層ビルも立ち並んでいます。

現在、シティ・オブ・ロンドンには、ロンドン証券取引所イングランド銀行、ロイズ本社、大手金融機関のオフィスなどが置かれ、19世紀から今日まで続く国際金融センターとして、米国のニューヨークのウォール街と共に世界経済を先導しています。また、世界でも有数のビジネスの中心地として日々多くの商談が行われ、さらに金や銅、原油などの国際商品相場も決められています。

なお、英国で「ロンドン」と言った場合は、シティ・オブ・ロンドンとシティ・オブ・ウェストミンスターに31のロンドン特別区を加えた範囲を領域とする「大ロンドン(Greater London)」を意味します。

※シティから東に4キロ離れたカナリー・ワーフ(Canary Wharf)も主要な金融地区となっている。