アウトライト

英語名: Outright transaction
分類: 外国為替取引

アウトライトは、「アウトライト取引」とも呼ばれ、外国為替取引において、直物為替(スポット)や先物為替(フォワード)の売買を単体で行うことをいいます。これは、買い戻しや売り戻しの条件を付けずに、買いなら買いを、売りなら売りをそれぞれ単独で行うことを指します。また、マーケットの動く方向を予想し、それによって買いや売りを行い、売買益を得ようとする取引手法を意味する場合もあります。

なお、「アウトライト」に対して、直物為替と先物為替の売買を同時に交差的に組み合わせて行う取引(直物為替の売買に、逆の売買条件の先物為替を組み合わせた取引)である「為替スワップ」というものもあります。

<アウトライトの特色>

為替スワップの場合、"買い持ち"または"売り持ち"のポジションは生じないが、一方でアウトライトの場合、"買い持ち"または"売り持ち"のポジションが生じる。通常、アウトライトでは、同じポジションをずっと保有するのではなく、大きく変動する相場に対して短期勝負で挑む際の手法と言える。