クレジットカード現金化

読み方: くれじっとかーどげんきんか
分類: クレジット

クレジットカード現金化は、クレジットカードのショッピング枠の現金化のことをいいます。これは、本来、商品やサービスを後払いするために設定されているショッピング枠を換金する(現金を入手する)目的で利用することであり、昨今、社会的に問題となっているので、絶対に行わないようにしましょう。

一般にクレジットカードには、買い物の際にキャッシュレスで支払いができる「ショッピング枠」と、カードを利用して現金を借りることができる「キャッシング枠」の二つがあり、通常、クレジットカード現金化は、キャッシング枠を全て使い果たした後に窮余の策として行われます。

目次:コンテンツ構成

クレジットカード現金化の方法

クレジットカード現金化の方法には、主に「買取式」と「キャッシュバック式」の二つがあり、よくインターネットやタブロイド紙、街中で見かける「クレジットカードの現金化」という広告は、後者のキャッシュバック式の業者が出しています。

買取式の現金化

クレジットカードを使って、ブランド商品や金券など換金率の高い商品を買い、それを買取業者に売ることで現金を得る方法。

キャッシュバック式の現金化

現金化を行っている業者から安い商品を高額で購入する一方、その購入特典として、当該業者から現金をキャッシュバックしてもらうという方法。

クレジットカード現金化の認識

現在、クレジットカード現金化は、明確な法律違反とはなっていませんが、一方でクレジットカード会社の規約には、現金化を目的としたカード利用を禁じる条文があり、元来、規約違反に該当するものなので、リスクの高い行為であることは間違いありません。

なお、法的にはグレーであるため、広告までは制限されていませんが、クレジット業界では、2010年からクレジットカードのショッピング枠の現金化の排除に向けた総合的対策をまとめ、実施しています。

クレジットカード現金化のリスク

クレジットカード現金化は、お金に困って窮余の策として行われますが、そこには様々なリスクがあり、結局は自分の債務を大きく増やすことになります。

・手軽に現金を手に入れる方法であるが、根本的には金銭的に損をする取引である。
・悪質な会社が多く、様々な個人情報を握られ、犯罪や詐欺などに遭う危険性がある。
・クレジットカード会社が不正と判断した場合、利用停止(解約)となり、一括返済を求められる可能性がある。
・破産法で「不当な債務負担行為」とみなされることがあり、最後の手段となる自己破産が行えなくなる可能性がある。