流通系カード

読み方: りゅうつうけいかーど
分類: クレジットカード|区分

流通系カードは、百貨店やスーパー、コンビニ、専門店などの流通業者が顧客の組織化や固定化を図る手段として、主に自社グループ内で利用することを目的として発行するクレジットカードのことをいいます。今日では、多くが国際ブランドと提携し、発行枚数を着実に伸ばしていますが、中には国際ブランドとは提携せずにハウスカードのみを取り扱っているものもあります。

一般に流通系カードは、年会費が無料であったり、安かったりするなど、気軽に作りやすいことが特徴として挙げられます。また、お得な特典(割引等)やポイントサービスなども用意されており、特定のお店などをよく利用する場合、そこのカードを作ると結構メリットがあります。実際に普段の買い物でポイントをうまく活用すると、家計面での節約効果は意外と大きく、特に主婦の方にとっては暮らしに役立つカードの一つとなっています。

<代表的な流通系カード>

・SAISON CARD(クレディセゾン)
・SEVEN CARD(セブンカード)-セブン&アイ
・AEON CARD(イオンクレジットサービス)-イオン
・UCS CARD(UCS)-ユニー
・MICARD(エムアイカード)-三越伊勢丹
・TAKASHIMAYA CARD(高島屋クレジット)-高島屋
・EPOS CARD(エポスカード)-丸井

カテゴリー|ワード索引

インフォメーション

楽天市場は、ネットショッピングの定番。楽天カードは、年会費が永年無料で、カード会員には楽天市場や街中の加盟店でポイントが貯まり、お得な特典も数多く用意されています。