CAT

読み方: きゃっと
英語名: Credit Authorization Terminal
分類: システム

CATは、"Credit Authorization Terminal"の略で、クレジットカード加盟店に設置されている信用照会端末のことをいいます。これは、かつては、NTTデータが運営するCAFIS(Credit And Finance Information System)と接続していた端末(CAT、S-CAT、G-CAT)と同義でしたが、2015年4月1日以降、次世代のマルチカード決済端末「INFOX」へ全面移行したことに伴い、今日では、信用照会端末の総称の意味で使われています。

一般に加盟店がCAT(信用照会端末)を使うことで、顧客のクレジットカードの有効性や信用状況をリアルタイムでチェック(確認)し、カードによる商品やサービスの販売・提供の信用承認(オーソリゼーション)を簡単に行うことができます。

※CAFISセンタに接続されていた旧来のクレジットカード決済端末(CAT、S-CAT、G-CAT)は、センタ側ネットワーク機器の老朽化に伴い、2015年3月31日をもって、接続サービスを終了した。

CAT-接続終了

「標準CAT」や「旧型CAT」とも呼ばれ、認証のみをオンラインで行っていましたが、売上決済機能がなかったため、別途、加盟店からカード発行会社へ伝票送付等の対応が必要でした。

S-CAT -接続終了

「Simple CAT」の略で、また「簡易CAT」とも呼ばれ、オーソリゼーション(信用承認)のみを行ない、売上伝票の作成機能やデータギャザリング機能などを持たないシンプルな端末となっていました。

G-CAT -接続終了

「Gathering CAT」の略で、データギャザリング対応型の端末で、オーソリゼーション(信用承認)と同時に、売上決済処理が可能となっていました。

カテゴリー|ワード索引

インフォメーション

楽天市場は、ネットショッピングの定番。楽天カードは、年会費が永年無料で、カード会員には楽天市場や街中の加盟店でポイントが貯まり、お得な特典も数多く用意されています。