売上伝票

読み方: うりあげでんぴょう
分類: カード実務

売上伝票は、クレジットカードにおいては、「ジャーナル」とも呼ばれ、物品やサービスの購入の際にカードで決済する場合に、カード会員が加盟店でサイン(署名)する伝票をいいます。

通常、カード会員加盟店カード会社がそれぞれ控えを保管できるように3枚複写式になっており、日常生活の中でカードを利用した際には、本伝票(お客様控え)をしばらくの間、証拠(確認)書類として保存しておいた方がよいでしょう。

なお、サインレスシステムの場合、署名は不要で、機械処理された売上伝票のお客様控えが渡されます。

<経理の売上伝票について>

売上伝票は、経理においては、売上取引があった場合に起票する伝票をいい、これには「3伝票制」と「5伝票制」がある。通常、3伝票制は、入金伝票、出金伝票、振替伝票の3つで構成されるのに対して、5伝票制は、入金伝票、出金伝票、売上伝票、仕入伝票、振替伝票の5つで構成される。