アクワイアラー

英語名: Acquirer
分類: カード実務

アクワイアラー(Acquirer)は、クレジットカード業界の中で、加盟店の開拓や管理などを行う、加盟店契約会社のことをいいます。これは、"獲得する"という意味の「acquire」と、"~するもの"という意味の接尾語「-er」が組み合わさった用語で、日本の割賦販売法では「立替払取次業者」として定義されています。

なお、VISA(ビザ)やMasterCard(マスターカード)などの国際ブランドでは、加盟店を審査・認定し、そのカードやプログラムに加盟店を参加させ、決済処理を担い、加盟店に対する決済を完了させるライセンスメンバーを意味することもあります。

カード業界におけるアクワイアラー

カード業界において、クレジットカードに関する事業会社は、国際ブランド(世界中で利用できる決済システム)を保有・運営する「ブランドホルダー(Brand Holder)」、カード発行業務(イシュアリング)を行う「イシュアー(Issuer)」、加盟店契約業務(アクワイアリング)を行う「アクワイアラー(Acquirer)」の3つに大きく分類されます。

カード大国のアメリカの場合、クレジットカードを発行するのは銀行等の金融機関がメインで、加盟店の開拓業務などは専門業者(アクワイアラー)に任せるシステムとなっているのに対して、日本の場合、クレジットカード会社が「イシュアー」と「アクワイアラー」を兼ねるのが普通です。

アクワイアラーの主な役割

アクワイアラーは、国際ブランドからライセンスを取得し、クレジットカードやプリペイドカードなどを受け付ける加盟店の開拓や審査、管理をする機関であり、主な役割は以下のようになっています。

・カードが使用できる加盟店を集め、増やしていく役割を担っている。
・カード決済を導入したい事業者を審査し、また契約締結後は加盟店を管理する役割を担っている(システムの導入なども支援)。
・加盟店と契約を結んでいるアクワイアラーが支払料金を取り次ぎ、アクワイアラーが責任を持って加盟店に支払う役割を担っている。

※アクワイアリング資格を取ると、自社で加盟店を開拓できるようになり、手数料収入を得ることができる。

加盟店におけるアクワイアラーの活用

例えば、カード決済を導入したい事業者が5つのカードブランド(VISA、MasterCard、JCB、American Express、Diners Club)を利用可能にするには、最低2社のアクワイアラーとの契約が必要になります。この場合、VISAとMasterCardのアクワイアラー資格を持った1社と、American ExpressとDiners Clubの加盟店業務を担うJCB1社との加盟店契約で対応できます。

その他に、アクワイアラーと加盟店の間に「決済代行会社」を通して契約をすることで、複数ブランド(5ブランド超)が利用可能になる包括加盟契約を持つ代行会社もあります。なお、国際ブランドについては、上記以外には、銀聯(中国系)とDiscover(米国系)を押さえておけば、概ね大丈夫でしょう。

※アクワイアラーは世界中に存在するが、国際ルールではアクワイアラーと加盟店が同一国でなければならないとされているため、日本でクレジットカード決済を導入する場合は、日本法人のアクワイアラーと契約を結ぶことになる。