iFinancial TV(金融動画)>> YouTubeでチャンネル登録!

ポンカス債

読み方: ぽんかすさい
英語: Ex-warrant
分類: 社債

ポンカス債は、「エクスワラント」とも呼ばれ、分離型ワラント債において、ワラント(新株予約権)を切り離した社債部分をいいます。これは、ワラント部分がないため、ディスカウントされており、クーポンのついた割引債券となっています。

一般にポンカス債は、普通社債と同様、定期的に利息を受け取ることができ、また利息は普通社債より低く、転換社債より高く設定されることが多いです。

目次:コンテンツ構成

分離型ワラント債とポンカス債

ワラント債の多くは、発行後、「社債部分」と「ワラント部分」が分離され、それぞれが個別に売買され、このタイプを「分離型ワラント債」と言い、現在、世界で発行されているワラント債の大半は分離型となっています。

また、分離された社債部分(ポンカス債)は、普通社債と同様、独自の流通市場を形成し、一方で分離されたワラント(新株予約権証書)も、独自の流通市場を形成しています。

ポンカス債の位置づけ

日本のワラント債の概要

2002年4月の商法改正により、ワラント債は「新株引受権付社債」から「新株予約権付社債」に改められ、また従来のワラント債(分離型、非分離型)の内、非分離型ワラント債だけを新株予約権付社債と位置付けられました。

一方で、従来の分離型ワラント債は、「新株予約権+社債」と位置付けられ、新株予約権と社債を同時に募集し、同時に割り当てる商品として、新株予約権付社債の規定から外されました。