無担保債

読み方: むたんぽさい
英語名: Unsecured Bond
分類: 債券区分

無担保債は、元利金の支払いや償還のための担保を特に付けていない債券のことをいいます。これは、万が一の支払いや償還の原資に担保の裏付けが全くないため、発行体の信用に依存する債券で、例えば、公共債である国債地方債政府関係機関債などが無担保債となっています。また、一般事業債や転換社債型新株予約権付社債は、財務上一定の条件(発行基準)を満たす企業については、無担保債の発行が可能であり、現在、一般事業債(社債)は、担保の有無によって、「担保付社債一般担保付社債物上担保付社債)」と「無担保社債」に分類され、市場で発行されている社債は「無担保社債」が主流となっています。

長い間、日本では、昭和初期の金融恐慌の教訓から、1933年以降、社債は担保付きで発行されてきました。一方で、転換社債については、1973年から条件付きで無担保で発行できるようになり、1979年に松下電器産業(現:パナソニック)が戦後初めて完全な無担保転換社債を発行しました。また、1985年にはTDKが日本企業による完全無担保の公募普通社債を初めて発行して以降、適債基準の緩和により無担保債を発行できる企業の範囲が広がり、さらに1996年には適債基準が撤廃され、財務制限条項も自由に内容を設定できるようになり、無担保債の発行が一般的となりました。

フィンテックが身近に。世界水準の金融アルゴリズムを提供するロボアドバイザーに注目!