株主総利回り(TSR)

読み方: かぶしきそうりまわり
英語名: Total Shareholder Return
分類: 財務分析

TSRは、「Total Shareholder Return(トータル・シェアホルダー・リターン)」の略で、日本語で「株主総利回り」と呼ばれ、キャピタルゲイン配当を合わせた、株主にとっての総合投資利回りをいいます。これは、株式投資により一定期間に得られた利益(キャピタルゲイン+配当)を株価(投資額)で割った比率であり、また一定期間(保有期間)は、1年・3年・5年などとなっています。

一般にTSRは、ある一定期間における株主にとっての投資収益性を示しており、昨今では、株主価値を表す指標として注目されています。元々は、米国で注目されていた指標の一つで、業績だけでなく株価を含めた経営の成果として、取締役の報酬額を決める際の重要な指標としても使われています。また、日本でも、金融庁がまとめた企業の情報開示に関する内閣府令で、2019年3月期以降の有価証券報告書から直近5年分を開示することになっています。