Qレシオ

読み方: きゅーれしお
英語名: Q ratio
分類: 財務分析

Qレシオ(Q ratio)は、「実質株価純資産倍率」とも呼ばれ、株価を一株当たりの実質純資産(時価評価した純資産)で除したものをいいます。これは、企業が保有する土地や建物、機械設備、有価証券などの資産を時価評価したベースで企業価値を算出して株価と比較したもので、また指標名の「Q」は米国の経済学者ジェームズ・トービン(1918-2002)が提唱した投資理論「トービンのq理論」にちなんで命名されたそうです。

一般にPBR(株価純資産倍率)が簿価ベースの純資産と比較するのに対して、Qレシオは時価ベースの純資産と比較することにより株価を評価する指標となっており、1980年代後半のバブル期に特に注目されました(当時、高騰した地価を加味して、上がり続ける株価の正当化に使われた)。なお、Qレシオの算出において、各資産の正確な時価評価は非常に難しいため、正確な数値を求めることは非常に困難と言えます。