福利厚生費

読み方: ふくりこうせいひ
分類: 財務・会計|損益計算書

福利厚生費は、企業の従業員の労働意欲向上のために、その福祉の充実を目的として、賃金以外の間接的給付を行うための経費科目(勘定科目)をいいます。これは、従業員の健康や医療衛生、慰安、慶弔禍福などのために支払う費用のことを指し、「法定福利費」と「厚生費」の2つから構成されます(税法上の明確な定義はなし)。

法定福利費とは、法律で明確に定められており、社会保険(健康保険、介護保険、厚生年金保険)と労働保険(労災保険、雇用保険)の事業主負担分が該当します。一方で、厚生費とは、企業が任意で定めることができ、通常、従業員の生活の向上と労働環境の改善のために支出する費用のうち、給与・交際費・資産の取得価額以外のものとされています。具体的には、住宅補助や食事補助、財形貯蓄、慶弔見舞、レクリエーション(慰安旅行、運動会、演芸会、記念行事他)、健康維持等(健康診断、人間ドック他)のための支出などが該当します。

一般に福利厚生費は、法定福利費については、対象が明確なのに対して、厚生費については、給与や交際費との区分や程度が「社会通念上、一般的に行われているものと同程度」と明確ではありません。そのため、一人当たりの金額が大きすぎると、税務面において福利厚生費とは認められずに従業員の給与とされ、個人の課税対象となる場合もあるので注意が必要です。なお、本科目は、損益計算書においては「販売費及び一般管理費」に計上されます。

<福利厚生とは何か?>

・福利:幸福と利益
・厚生:生活を健康で豊かなものにすること