DOE

英語名: Dividend on equity ratio
分類: 財務・会計|財務分析

DOEは、"Dividend on equity ratio"の略で、日本語では「株主資本配当率」とも呼ばれ、株主資本に対して、株式会社(企業)がどの程度の利益配分を行っているかを示す財務指標をいいます。これは、年間の配当総額を株主資本で割って算出されるほか、配当性向ROE(株主資本利益率)を掛けても算出できます。また、本指標では、株主が直接払い込んだ資金と、本来株主に帰属する利益を再投資して得られた内部留保の合算である「株主資本」という元手に対して、企業が株主に年間どれだけの配当金としての還元をしたのかを見ることができます。

一般に株主還元の状況(配当水準)を示す指標としては、当期純利益に対する配当額の割合を示す「配当性向」を用いることが多いですが、当期純利益は年度間の変動が大きいことから、金額的に安定した株主資本を基準にした「DOE(年間配当金総額の株主資本に対する割合)」を採用することで、投資家に長期的に安定した配当水準を示すことができます。

・DOE=年間配当総額÷株主資本=配当性向×ROE